盗聴器の現状
 盗撮器の現状
 盗聴器の種類
 盗聴器の設置場所
 盗聴器発見の機材


  ご依頼に関するQ&A
 探偵社の選び方
 浮気チェック方法
 ストーカーの防ぎ方
 家出調査について
 お約束事項について
 女性相談室について
 探偵業法について
 秘密の保持について
 料金案内について
 企業情報について
 特定商取引法の表示


  浮気・不倫調査 
 人探し調査
 結婚・信用調査
 ストーカー対策
 いじめ調査
 家庭内・近隣トラブル
 盗聴器・盗撮器発見
 GPS車両追跡調査
 マンション入居者調査
 企業信用調査
 人事・採用調査
 浮気証拠・資料の収集

●ご依頼の流れ
ご相談は無料!!
まずはお電話orメールに
てお気軽にご相談ください。
24時間・年中無休にて
受け付けいたします。
内容等をお聞きした上で
無料にてお見積もりいた
します。
担当調査員が、調査法
や料金を詳しくご説明
たします。
ご納得いただけた上で
ご契約となります。
ご契約時にお客様が希
される日時・場所から

調査を開始いたします
ご相談者様のご希望に
より調査途中でも中間
告が可能です。
調査終了後には正式な
調査報告書もお渡し
いたします。

ご報告後、法律相談アド
バイス等も無料でいたし
ます。
必要に応じて、法律専門
家等を無料で紹介いたし
ます。




トップページ>盗聴器発見



盗聴器の現状
盗聴器への対策
調査のご依頼・お問い合わせ

● 盗聴器の現状

盗聴器は東京・秋葉原などの電気街や、無線雑誌に掲載された通信販売で、安いもので数千円、 高性能盗聴機器でも8万円程度を出せば残念ながら、誰でも購入できるようになりました。

去年1年間で盗聴器は約35万個以上が販売されていたとも言われています。そして、現在の盗聴マニアと呼ばれる人たちは、200万人以上ともいわれています。

盗聴器自体、昔はスパイなど一部の人たちに利用されていましたが、現代では誰でも使える時代になってしまった為に、プライバシー暴露してしまう盗聴機は日常的に潜んでいて、 情報セキュリティはもちろん、個人で身を守る事が必要になってきています。

また、やっかいなことに、年々手口が巧妙化し、素人では盗聴器の発見が相当困難になってきています。


このページのトップへ↑

● 盗聴器への対策

■ 電話盗聴のケース

ストーカーがもっとも好む盗聴パターンです。

  • 携帯電話は現在ほぼ盗聴は不可能といわれています。場所にさえ気を付ければ安心です。
  • コードレス電話は、2万円ぐらいの簡単な受信機で簡単に聞くことができます。
  • 一般加入電話(アナログ式電話)は簡単に盗聴が可能です。デジタル回線電話などに変更することをお勧めします。

電話盗聴器は電話線上に組み込んで作動するもので、 場所は電話機とNTTの交換機の間ならどこでも取り付けが可能で、電源は電話線からとるので半永久的に。 盗聴されてしまいます。


■ 自宅盗聴のケース

最近多いのがこの状況です。ストーカーがどんどんエスカレートしていき最終的には、チャンスをうかがい犯罪に走るケースが報告されています。

  • 中古物件や賃貸物件では前居住者が盗聴器を取り付けたり、前居住者に関係する人物が盗聴器を取り付ける。
  • 娘が援助交際をしているのではないかと疑って、親が子供の部屋に盗聴器を仕掛ける。
  • 相続問題・離婚問題等から身内の方が盗聴器を取り付けている。
  • 遺産相続問題などの親類同士。
  • 離婚調停中の夫婦が慰謝料問題から相手の問題を調べる。
  • 自分が仕事の間、妻の行動を確認する為に、夫が自宅や車に仕掛ける。
  • 嫉妬深い恋人や干渉しすぎる親が盗聴器を取り付ける。


■ 会社盗聴のケース

会社内での盗聴器は昔からとても多いといわれています。

  • 会社の社長が、自分の元で働いている社員が陰口や不満を言っていないかを調べる為。
  • 社内スパイが社外への社内情報(開発部)を目的して盗聴器を取り付ける。
  • 女子更衣室・女子トイレでの盗聴器を販売または、個人趣味で取り付けている。


■ 再発防止対策

盗聴器を発見して取り外したとしても、今後も安心とは限りません。 きちんとした盗聴防止対策をする必要があります。 見ただけでは、盗聴器とはわかりませんし、目に見えない電波なので、盗聴されているかどうかもわかりません。 盗聴 の手口や方法、設置場所などを知っていれば再発防止になります。


■ 当社の盗聴器発見方法



専門調査員が、隅々まで確実に調査を実施していきます。盗聴器を仕掛ける側は一度限りではなく、繰り返し盗聴器を仕掛けるので、盗聴器発見調査も一度限りではなく、定期的に実施されるのが理想的です。


一般的な 盗聴 に使用されているVHF・UHF帯の周波数調査
( スペクトラムアナライザ・広帯域受信機による盗聴周波数帯域測定 )


周波数帯域のFM帯、VHF帯、UHF帯を数万チャンネルにわたる聴覚的調査です。私たちの身の回りには、目に見えないだけで、たくさんの電波が飛び交っています。タクシーやバスなどの乗り物無線、消防無線や警備無線、ワイヤレスマイクやコードレス電話など多種多様です。盗聴器発見のプロはこの中から盗聴器より発信される電波を瞬時に確認していきます。

ロケーターアナライザ盗聴電波調査( 電界強度測定 )
デジタル周波数カウンター盗聴電波調査( 周波数測定 )


これはデジタル広帯域の無線周波数に対応する電界強度および周波数測定で、指向性アンテナを接続し、受信機では検知しづらい電波を検知、盗聴器が発見された場合の場所の特定にも有効な機材です。


電界強度調査とは、室内の電波状況を低周波数から高周波数までの電界強度測定調査です。電波の周波数測定とは、室内で受信した全ての電波の周波数測定です。各所に配置して同じ周波数に合わせてから盗聴器の発見を実施させていただきます。



身の回りに不審な人物が現れたり、嫌がらせや盗聴の心当たりがございましたら、一度当社にご相談ください。経験豊富な調査員が、確実な盗聴器の発見調査を実施いたします。

手遅れになる前に、事態がより深刻になってしまう前に、思い切ってご相談ください。きっとお役に立てると思います。



このページのトップへ↑

● お問い合わせフォーム


このページのトップへ↑

Copyright(C) Since 2010 Yamada All Rights Reserved.