盗聴器の現状
 盗撮器の現状
 盗聴器の種類
 盗聴器の設置場所
 盗聴器発見の機材


  ご依頼に関するQ&A
 探偵社の選び方
 浮気チェック方法
 ストーカーの防ぎ方
 家出調査について
 お約束事項について
 女性相談室について
 探偵業法について
 秘密の保持について
 料金案内について
 企業情報について
 特定商取引法の表示


  浮気・不倫調査 
 人探し調査
 結婚・信用調査
 ストーカー対策
 いじめ調査
 家庭内・近隣トラブル
 盗聴器・盗撮器発見
 GPS車両追跡調査
 マンション入居者調査
 企業信用調査
 人事・採用調査
 浮気証拠・資料の収集

●ご依頼の流れ
ご相談は無料!!
まずはお電話orメールに
てお気軽にご相談ください。
24時間・年中無休にて
受け付けいたします。
内容等をお聞きした上で
無料にてお見積もりいた
します。
担当調査員が、調査法
や料金を詳しくご説明
たします。
ご納得いただけた上で
ご契約となります。
ご契約時にお客様が希
される日時・場所から

調査を開始いたします
ご相談者様のご希望に
より調査途中でも中間
告が可能です。
調査終了後には正式な
調査報告書もお渡し
いたします。

ご報告後、法律相談アド
バイス等も無料でいたし
ます。
必要に応じて、法律専門
家等を無料で紹介いたし
ます。




トップページ盗聴器発見>盗聴器の種類



直接式盗聴器
電話回線利用型盗聴器
無線式盗聴器
お問い合わせフォーム

● 盗聴器の種類

盗聴器は東京・秋葉原などの電気街や、無線雑誌に掲載された通信販売で、安いもので数千円、 高性能盗聴機器でも万円程度を出せば残念ながら、誰でも購入できるようになりました。また、やっかいなことに、年々手口が巧妙化し、素人では盗聴器の発見が相当困難になってきています。

盗聴器には、大きく分けて直接式盗聴器、電話回線利用型盗聴器、無線式盗聴器、などがあります。現在の主流はワイヤレスタイプともいわれる無線式盗聴器で、盗聴発見業者も当然このタイプの盗聴器の発見に重点を置いています。




● 直接式盗聴器

■ コンクリートマイク

その名のとおり、コンクリートマイクは、コンクリート壁等硬い壁面にマイクを当てて盗聴するものです。壁側に聴診器のようなマイクをあてて傍聴するものですが、壁に空洞があると、うまく傍聴できません。数千円から十万円以上するものまでありますが、低価格のものは雑音が大きくはっきり聞き取ることができません。



■ ICレコーダー

最近のICレコーダーは小型で高性能のものも多く、価格も手頃なため多用されています。しかし、あらかじめ盗聴を仕掛けたとしても、すぐにICレコーダーを回収するわけにはいかず、タイムリーに傍聴することはできません。比較的多いのは夫婦や親子間等家庭内に自由に出入りできる人物が利用することになります。よく仕掛けられている場所として、押入れの収納ケースの裏、冷蔵庫の裏、ベッドの下など、いろいろな所に仕掛けられています。




このページのトップへ↑
● 電話回線利用型盗聴器

■ インフィニティー型

インフィニティー型は電話機の中に設置されます。電源は電話回線より取るため、電話機等が撤去されない限り半永久的です。このタイプで盗聴するには、その電話機に電話をかけ相手方が受話器を上げたあと合図音を発生されば盗聴器が作動し、受話器のマイクを通じ傍聴者に音声を送ります。あるいは、相手が電話に出なくても一定数の呼び出し回数で自動的に盗聴機能をスタートさせるタイプもあるようです。このインフィニティー型は無線式盗聴器とは違い、盗聴器に一定距離まで接近する必要がないため、国内はもちろん海外からも盗聴が可能となります。

■ 電話回線電源供給型

電話回線電源供給型は、電話回線や、電話機の中に設置されます。このタイプも電源は電話回線より取るため、電話機等が撤去されない限り電源供給は半永久的です。ただし、このタイプでは無線で盗聴電波を飛ばすため、盗聴器に一定距離まで接近する必要があります。


このページのトップへ↑
● 無線式盗聴器

■ リモコン式盗聴発信機&専用受信機

リモコン式盗聴発信機は、専用の受信機の指令により発信・待機をリモートコントロールされるもので、専用受信機以外では指令することができない仕組みになっています。必要な時だけ電波が発信されますので、発信機の電池寿命を大幅に伸ばすことが可能です。盗聴発見業者にとっては、発見までに時間を費やすことになります。リモコン装置が内臓されていますので、通常の盗聴器よりも高額になります。

■ 小型長時間盗聴発信機

小型長時間盗聴発信機は連続して電波を発信します。従来の発信機ですと約2日の電池寿命でしたが、このタイムではアルカリ単三電池を使用した場合では2週間ぐらい連続して電波を発信できます。購入価格が比較的安いため各部屋に設置されているケースもありました。盗聴器の発見は比較的スムーズです。また家庭用電源で作動させるタイプもあります。このタイプでは、盗聴器が発見されなければ、盗聴電波は半永久的に発信されます。

■ スクランブル式盗聴発信機&専用受信機

数種の周波数を1秒間に数十回切り替えて発信するもので、この発信機に専用の受信機がなければ盗聴することができません。通常の盗聴器に比べで割高ですが、手が出ない値段ではありません。AC電源スクランブル式盗聴発信機&専用受信機とセットで十万ちょっとで購入ができるようです。盗聴発見には専用の受信機を用いたり、特殊なスペクトラムアナライザー(スペアナ)で波形を確認しながら発見していきます。


このページのトップへ↑


■ 当社の盗聴器発見方法


専門調査員が、隅々まで確実に調査を実施していきます。盗聴器を仕掛ける側は一度限りではなく、繰り返し盗聴器を仕掛けるので、盗聴器発見調査も一度限りではなく、定期的に実施されるのが理想的です。


一般的な 盗聴 に使用されているVHF・UHF帯の周波数調査
( スペクトラムアナライザ・広帯域受信機による盗聴周波数帯域測定 )


周波数帯域のFM帯、VHF帯、UHF帯を数万チャンネルにわたる聴覚的調査です。私たちの身の回りには、目に見えないだけで、たくさんの電波が飛び交っています。タクシーやバスなどの乗り物無線、消防無線や警備無線、ワイヤレスマイクやコードレス電話など多種多様です。盗聴器発見のプロはこの中から盗聴器より発信される電波を瞬時に確認していきます。

ロケーターアナライザ盗聴電波調査( 電界強度測定 )
デジタル周波数カウンター盗聴電波調査( 周波数測定 )


これはデジタル広帯域の無線周波数に対応する電界強度および周波数測定で、指向性アンテナを接続し、受信機では検知しづらい電波を検知、盗聴器が発見された場合の場所の特定にも有効な機材です。


電界強度調査とは、室内の電波状況を低周波数から高周波数までの電界強度測定調査です。電波の周波数測定とは、室内で受信した全ての電波の周波数測定です。各所に配置して同じ周波数に合わせてから盗聴器の発見を実施させていただきます。






身の回りに不審な人物が現れたり、嫌がらせや盗聴の心当たりがございましたら、一度当社にご相談ください。経験豊富な調査員が、確実な盗聴器の発見調査を実施いたします。

手遅れになる前に、事態がより深刻になってしまう前に、思い切ってご相談ください。きっとお役に立てると思います。


このページのトップへ↑

● お問い合わせフォーム

このページのトップへ↑

Copyright(C) Since 2010 Yamada All Rights Reserved.