盗聴器の現状
 盗撮器の現状
 盗聴器の種類
 盗聴器の設置場所
 盗聴器発見の機材


  ご依頼に関するQ&A
 探偵社の選び方
 浮気チェック方法
 ストーカーの防ぎ方
 家出調査について
 お約束事項について
 女性相談室について
 探偵業法について
 秘密の保持について
 料金案内について
 企業情報について
 特定商取引法の表示


  浮気・不倫調査 
 人探し調査
 結婚・信用調査
 ストーカー対策
 いじめ調査
 家庭内・近隣トラブル
 盗聴器・盗撮器発見
 GPS車両追跡調査
 マンション入居者調査
 企業信用調査
 人事・採用調査
 浮気証拠・資料の収集

●ご依頼の流れ
ご相談は無料!!
まずはお電話orメールに
てお気軽にご相談ください。
24時間・年中無休にて
受け付けいたします。
内容等をお聞きした上で
無料にてお見積もりいた
します。
担当調査員が、調査法
や料金を詳しくご説明
たします。
ご納得いただけた上で
ご契約となります。
ご契約時にお客様が希
される日時・場所から

調査を開始いたします
ご相談者様のご希望に
より調査途中でも中間
告が可能です。
調査終了後には正式な
調査報告書もお渡し
いたします。

ご報告後、法律相談アド
バイス等も無料でいたし
ます。
必要に応じて、法律専門
家等を無料で紹介いたし
ます。




トップページ盗聴器発見>盗聴器発見機材



スペクトラムアナライザ
広帯域受信機
電界強度計・周波数カウンター
周辺機器・その他
お問い合わせフォーム

● 当社で活躍する盗聴器発見機材

当社でメインとして使用する盗聴器発見機材は、機能性と性能を重視し、ハンディタイプスペクトラムアナライザと高性能ハンディタイプ受信機を併用しでいきます。また、事務所やホール等の大型施設におきましては、据置型スペクトラムアナライザと据置型広帯域受信機を使用する場合もあります。




● スペクトラムアナライザ

当社で活躍するスペクトラムアナライザです。

■据置きタイプスペクトラムアナライザ



アンリツMS612(校正済み)です。事務所・ホールなど広いスペースで測定いたします。周波数帯域が広く、正確にデーターを管理していきますが、重量があるため、移動は振動にも強い特殊専用車両で移動します。




■ポータブル・ハンディータイプスペクトラムアナライザ


アンリツMS2711B(校正済み)です。ポータブル・ハンディータイプは高性能で扱いやすく電源バッテリーを内蔵のため、室内・室外を問わず、あらゆるところで活躍しています。






このページのトップへ↑
● 広帯域受信機

当社で使用する広帯域受信機です。

据置き型受信機



AOR社AR8600mk2です。主に事務所・ホールなど広いスペースで測定いたします。周波数帯域が広く、正確にデーターを管理していきます。



■ハンディータイプ受信機


AOR社AR8200(写真左)とAR8200mk3(写真右)です。ハンディータイプは高性能で扱いやすく電源バッテリーを内蔵のため、室内・室外を問わず、あらゆるところで活躍しています



このページのトップへ↑
● 電界強度計・周波数カウンター


  

電界強度計(写真左)
クラニシのLA310です。小型軽量で扱いやすく室内・室外を問わず、あらゆるところで活躍しています。周波数カウンタを内蔵していますので周波数を特定する場合にも利用します。

周波数カウンタ(写真中)
HOBBESのHBCN1105Dです。小型軽量で受信帯域が広く、あらゆるところで活躍しています。アンテナには、指向性の強い八木アンテナ(CY399X等)を併用します。

周波数カウンタ(写真右)
VICTORのVC3165です。デスクトップ型で受信帯域が広く、あらゆるところで活躍しています。

このページのトップへ↑
● 周辺機器・その他




補助的に活躍する周辺機器・その他の機材です

 

■ 電波探知機 EWS9000 (写真左)

ポータブル・ハンディータイプ電波探知機は高性能で扱いやすく電源バッテリーを内蔵のため、室内・室外を問わず、あらゆるところで使用しています。特に壁面に埋め込まれた盗聴器の位置を特定する場合に活躍します。

■ 電磁波測定器 トリフィールド100XE (写真中)

盗聴器の発見調査とは少し離れますが、当社では、ご要望に応じ電磁波、マイクロ波等の測定も実施いたします。電磁波を測定することにより、その発信源から身体を守り、安全な環境づくりのお手伝いをさせていただきます。

盗撮発見器 WHC200X (写真右)

900MHz、1200MHz、2400MHzこれらの盗撮カメラ映像電波をスキャンし内蔵モニターで確認していきます。電波を飛ばすタイプの防犯カメラ・盗聴カメラはほとんどがこの周波数帯域を使用しています。


このページのトップへ↑


■ 当社の盗聴器発見方法


専門調査員が、隅々まで確実に調査を実施していきます。盗聴器を仕掛ける側は一度限りではなく、繰り返し盗聴器を仕掛けるので、盗聴器発見調査も一度限りではなく、定期的に実施されるのが理想的です。


一般的な 盗聴 に使用されているVHF・UHF帯の周波数調査
( スペクトラムアナライザ・広帯域受信機による盗聴周波数帯域測定 )


周波数帯域のFM帯、VHF帯、UHF帯を数万チャンネルにわたる聴覚的調査です。私たちの身の回りには、目に見えないだけで、たくさんの電波が飛び交っています。タクシーやバスなどの乗り物無線、消防無線や警備無線、ワイヤレスマイクやコードレス電話など多種多様です。盗聴器発見のプロはこの中から盗聴器より発信される電波を瞬時に確認していきます。

ロケーターアナライザ盗聴電波調査( 電界強度測定 )
デジタル周波数カウンター盗聴電波調査( 周波数測定 )


これはデジタル広帯域の無線周波数に対応する電界強度および周波数測定で、指向性アンテナを接続し、受信機では検知しづらい電波を検知、盗聴器が発見された場合の場所の特定にも有効な機材です。


電界強度調査とは、室内の電波状況を低周波数から高周波数までの電界強度測定調査です。電波の周波数測定とは、室内で受信した全ての電波の周波数測定です。各所に配置して同じ周波数に合わせてから盗聴器の発見を実施させていただきます。





身の回りに不審な人物が現れたり、嫌がらせや盗聴の心当たりがございましたら、一度当社にご相談ください。経験豊富な調査員が、確実な盗聴器の発見調査を実施いたします。

手遅れになる前に、事態がより深刻になってしまう前に、思い切ってご相談ください。きっとお役に立てると思います。


このページのトップへ↑

● お問い合わせフォーム


このページのトップへ↑

Copyright(C) Since 2010 Yamada All Rights Reserved.